千松信也

狩猟文化を考える

「ぐんま狩猟フェスティバル2022」

見逃してしまったが、2月の末にはこのような催しがあったようだ。 若手狩猟者の確保・育成を目的とし、「ぐんま狩猟フェスティバル2022」を開催します。 当イベントは、全国初のリアル・オンラインのハイブリッドで開催する狩猟フェスティバルとして、...
狩猟学校、狩猟教育、狩猟講座

“羆撃ち”久保俊治が校長を務めるアーブスクールジャパンの秋のオンライン講座

京都の猟師、千松信也さんのツイートより。 “羆撃ち”久保俊治が校長を務めるアーブスクールジャパンの秋のオンライン講座のご案内です。今回の内容は、・忍び猟(銃猟)・わな猟・獲物の解体(エゾシカ、ヒグマ、イノシシ)・総合ディスカッション僕も講師...
猟師・ハンター

京都の猟師、千松信也さん

猟師としてイメージの強い、銃での猟ではなく、罠猟をしている猟師さん。1974年兵庫県生まれ。 京大出身というキャリアとかけ離れた猟師という生き方に興味がわく。 彼の自伝的猟師生活をつづった「ぼくは猟師になった (新潮文庫)」を読むと、そこに...
スポンサーリンク