狩猟文化を考える

占冠村で鹿肉などを販売「株式会社森のかりうど」猟師が経営

占冠村(しむかっぷ)とは北海道のほぼ中央、夕張と帯広の中間ぐらいにある村である。 占冠村にあるのが今回紹介するのが「株式会社森のかりうど」。狩猟歴は平成11年から、20年以上になるというベテラン猟師が代表を務めている。 村営の野生獣解体施設...
アイテム・ウェア

エゾシカの革製品を調べてみた

北海道に生息するエゾシカ。 資源として考えた時、鹿肉はもちろんだが、鹿の皮も上質なレザーとして活用されている。 今回はふと気になって、エゾシカ革製品を中心に生産しているショップを中心にピックアップしてみた。 全道各地に魅力的な製品を製造販売...
アイテム・ウェア

山歩きするスキーについて。ゾンメルスキー

小ネタです。 積雪時期の森林移動にはいくつか方法がありますが、例を挙げるとスノーシューやワカン、スノーモービル、スキー、つぼ足という感じでしょうか。 本日はスキーの中でも狩猟向きな山スキーと言われるゾンメルスキーについて少し。 近所の方がノ...
スポンサーリンク
ジビエ

ハンター親子が営む「白糠の鹿肉加工の株式会社馬木葉」

日本農業新聞の記事からたどり着いた情報のご紹介。 北海道の東部、白糠町にある株式会社馬木葉(まきば)は、創業者の松野親子を中心に解体加工場を営んでいる。 次女である千紘さんが女性ハンターとして目を引くが、それだけではなく、後継者の育成に取り...
狩猟文化を考える

苫小牧でエゾシカの囲い罠猟

苫小牧民報の記事として、エゾシカの囲い罠猟のニュースがあった。 北海道西部地域の林業被害額だけで3千万を越えるとあり、状況は深刻だ。 記事にある通り、猟銃の使用が制限されていたりする場所での対策として囲い罠という選択肢をとる必要があるという...
狩猟学校、狩猟教育、狩猟講座

狩猟系の情報誌

狩猟系の情報誌について少し情報をまとめてみました。 狩猟生活 ※2019年より株式会社地球丸で刊行されていたものを株式会社山と溪谷社が引き継いでの刊行 全猟 全日本狩猟倶楽部 発刊元は昭和9年9月8日(1934年)に、狩猟家有志、猟犬愛好家...
狩猟文化を考える

「けものが街にやってくる」の雑感

昨年10月に発売された単行本「けものが街にやってくる: 人口減少社会と野生動物がもたらす災害リスク」を一読した。 獣害、という言葉を聞くようになって久しい。 私の住んでいる北海道は、明治に政策として入植した日本人によって開拓された歴史を持つ...
狩猟学校、狩猟教育、狩猟講座

白老町「ならの木家」のエゾシカハンティングツアー

先日苫小牧エリアでエゾシカハンティングに参加できるツアーである「北海道ハンティング体験エゾシカツアー」をお伝えした。 それとは別に、近隣の白老町でも参加可能なエゾシカハンティングツアーを見つけたので紹介したい。 今回紹介するのは「ならの木家...
ジビエ

「全日本鹿協会」 – 鹿について知りたいすべての方へ

前回の記事では「知床エゾシカファーム」による、捕獲したエゾシカの飼育について取り上げた。 それから気になってもう少しエゾシカ飼育の可能性について調べてみたのが今回の記事である 平成2年に設立された「全日本鹿協会(旧名:全日本養鹿協会)」にた...
ジビエ

個体数調整のために捕獲したエゾシカを、自社牧場で養飼育し加工販売する「知床エゾシカファーム」

狩猟し食肉加工として流通するうえで、避けて通れない問題が安定供給だろう。 消費者の都合に配慮した獲物など存在しない。 安定した供給には安定した需要が大前提だが、需要の都合にこたえることもまた、供給するうえでは真摯に向き合わないといけない問題...
スポンサーリンク